憲法9条改正について

今年のホットトピックになりそうなので、このタイミングで書いとく。

なお、オレは政治家では無いので、その実務的な手続きはさておく。

まずはおさらい。

第2章 戦争の放棄
第9条 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
2 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

憲法(9条)改正はこの条文を変えるかこのままにしとくか、て議論。

 

さて、どこから突っ込もうか。

一般にいわれてる論点は、自衛隊違憲か合憲か。さらに違憲であれば、実態に合わせて条文を見直すか、もしくは自衛隊のあり方を条文に合わせるか。

 

なぜ今変えなくちゃ行けないの?(今までそれでよかったんだから、当面そのままでいいじゃん。)という反論は受けつけない。コンプライアンス上問題があれば、そのことがわかった時点で、可能な限り早く直さなきゃいけないのは、K製鋼やN自動車を例に挙げるまでもなく、当然の対応。

 

で、まずは、現状の自衛隊違憲か合憲か、て話。

 

皆さんどう思います?

て、読者のいないブログで語りかけてもリアクションは期待できないので、ちゃっちゃと書きすすめる。

 

まず、条文を丁寧に読む。

日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、

ここまでは、なにも問題ないよね。

で、

国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

この部分、国語の文法の確認だけど、「国権の発動たるー」は、「戦争」以外にも「武力による威嚇」「武力の行使」に、並列にかかる、てことでいいよね?

つまり

・国権の発動たる戦争

・国権の発動たる武力による威嚇

・国権の発動たる武力の行使

は、〜放棄する、て文脈になる、てこと。

ここまでいいかな?

 

で、だ。

『戦争』てなんだろう。

「戦い」と「争い」?

平和の下に行われるオリンピックでも「戦い」はあるし、裁判でも「争い」はあるから、これらが「平和」の対義な概念でないことは明らか。

てことで、辞書で調べる。

 武力を用いて争うこと。特に,国家が自己の意志を貫徹するため他の国家との間で行う武力闘争。(三省堂大辞林より) 

とある 。

 そもそも国家が行うこと、て前提?個人や法人が勝手に武力を行使しても戦争にならんのかな?

「国権の発動たる」とは?「国権の発動たらない戦争」はありえる?

たとえば、とある県が勝手に軍隊をもって大陸と武力衝突したら、戦争?ちがう?よくわからん。

憲法は「国権の発動たる戦争」を放棄してるわけで、とある県が戦争するのは制限しない、と?てか、そもそも憲法って国を拘束するものだっけ?地方自治体は拘束しないんだっけ?

よくわからん。

ちょっとズレた💧

 

次、「威嚇」。

武力による威嚇、てなんだ?

思い浮かぶ光景は、人質をとってナイフを突きつけながら不当な要求をしてくる犯人に、拳銃を構えて「人質を離せ」と呼びかける警官。この「拳銃を構える」てトコが威嚇なんかな、と思うんだけど、ちがう?

「武力による威嚇を放棄する」てことは、このシチュエーションだとどうなんの?拳銃を捨てて交渉?

犯人を捕まえるときは

「武力の行使」?

素手でも戦うなら武力だよね?どうやって人質助ける?オレには思いつかん。

 

国家間だから武力によらない交渉ができるはず、て見方もたしかにある。

前述のケースでも人質になる民間人は必ずしも武力を行使する必要も持っておく必要もないし、それ以前にきちんとリスクマネジメントができてれば、そういうケースには会わないものかもしれない。

仮に会っても、武力じゃなくコミュ力で解決できるかもしれないし。

「警察があるから、一般人は武力を持たなくていい」という主張が通るなら、「警察に相当する国際機関を外交で構築する」ことで、一般国家として武力を持つことは不要にできるかもしれない。

国際紛争を解決する手段」としない「これ(戦争・武力による威嚇・武力の行使)」(テロ対策とか?)もロジックとしては言及可能だけど…、「テロ対策が自衛隊大義だ」て主張してる人もいるんかな。

とりあえず、除外っ!

 

ここまでで、1項についてまとめる。

 

まず、放棄しているのは「戦争」「武力による威嚇「武力の行使」であり、武力を保持するかどうかについては言及していない。

とはいえ、「持っている」こと自体が「武力による威嚇」にならないとも言い切れないけれど…。

 

で、第2項

2 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。

国の交戦権は、これを認めない。

 

「前項の目的を達するため」は「保持しない」理由であるけれども、限定するものではないよね。「前項の目的を達成するためでなければ、保持してもいい」とはならない、てこと。

そこまでの解釈はいくらなんでもひねくれすぎ(笑)

 

で、自衛隊が「陸海空軍その他の戦力」にあたるか、て議論になる。

あたる?

まぁ、あたるよね。

戦闘機やら迎撃ミサイルやら持ってるし。

 

ココがキモね。

憲法で「持たない」と書いてるのに、現実にはちゃっかり持ってる、という矛盾。

解消するにはどうするか。

「持つ」ことをやめるか、「持てる」条文に変えるか。

 

さて、ここで問題。

「持つ」という選択肢を選んだとして、なんのために持つのか?という疑問。

 

「威嚇」も「行使」も「戦争」もしないのに、なんのために持つのだろう?

有事の際に「行使」できるように?それじゃあ辻褄が合わない。

 

んーー。

 

まとめ。

武力を持ってること自体は、理論的には第1項には反しない。(が、なんのために持つのか、という疑問が残る。)

持っていること自体が、第2項に反するため、なんらかの対処が必要。

 

て、ここまでが、議論の前提かと思うのだけど。

朝ナマで言われた、「小学校で習ってること」に相当する部分だね。

 

で、こっから先、

・それでも持つのか放棄するのか。➡︎第2項

・(戦争・威嚇・武力行使が)できるようにするのかしないのか➡︎第1項

て議論を、これからしていきましょうね、て話と理解してます。

 

とりあえず、ここまで。

オレの意見はとりあえず今んとこは書きません。

強いて言うなら、法と実態が合ってないなら、速やかに合わせるべき、とだけ。

 

あとはみんなで話し合ってね〜(笑)